~ 一盌からピースフルネスを ~

カーニバル

 カーニバルは世界でもっとも代表的で人気のある、賑やかな民族の祝祭とされています。“謝肉祭”のことです。
 カーニバルの語源は、ラテン語「carne vale」に由来し「肉よさらば」の意味があります。毎年日付は変わりますが、「灰の水曜日」の前日、つまり復活祭の47日前に行われます。

 ブラジルのカーニバルはポルトガルのエントウルード(Entrudo)やヨーロッパの仮装パーテー、そして先住民族の民話やアフリカ文化などから由来しています。

 カーニバルの時期には、陽気な人々は仮装舞踏会や仮装コンクール、またはエスコーラ ・ デ ・ サンバ(サンバ学校)のパレードなどに行って賑わいます。舞踏会はホテルやクラブで五日間に亘って、大抵、生バンドの公演のもとで催されます。日曜日は子供たちにマチネがあります。
 仮装コンクールは、イタリアのベネチア ・ カーニバルの影響を受けた伝統的催し物です。カーニバルの仮装コンクールのカテゴリーはオリジナリティと華麗さを競います。以前、豪華な仮装の中には70キロという重量な衣装もありました。

 最も伝統的なサンバ学校(エスコーラ ・ デ ・ サンバ)のパレードは、リオのマルケス ・ デ ・ サプカイ通りのサンバ花道(パサデラ ・ ド ・ サンバ)で行われます。サンパウロ州や他の州でも素晴らしいパレードが開催されます。この祝祭はリオとサンパウロ同時に金曜日に始められます。

 2015年にサンパウロのアギア ・ デ ・ オウロ ・ サンバ学校は、日伯修好通商航海条約1 2 0周年(ブラジル日本外交関係樹立1 2 0周年)を祝したテーマでパレードを披露しました。直行で日本から運送されたコンテナ15台に詰められた山車(カーロ ・ アレゴリコ)や日系人とその子孫 六百人のほか、長年日本サッカーチームの監督を務められたジーコによって形成されたブロックは見所でした。

※ 灰の水曜日: ローマ ・ カトリック教では断食の日です。
※ 復活祭(イースター): キリストの復活を祈念する。キリスト教の最も重要な祭典です。

2016年2月

こちらもご覧ください

  • ブラジルの植物 5.ブラジルボク Pau-Brasil蘇芳(すおう)の木

    ブラジルの植物 5.ブラジルボク Pau-Brasil蘇芳(すおう)の木

    蘇芳の木またはブラジルボクはブラジルを象徴する木でありその材木は高貴であります。先住民の言葉ではイビラピタンガと呼ばれ「赤い木」と言う意味です。蘇芳の木の心材が炎のように赤色していることに由来し、ブラジルという言葉は灼熱を意味するポルトガル語のブラーザという単語に由来しています…
  • ブラジルの植物 4.オオオニバス「大鬼蓮」Vitória-régia(後半)

    ブラジルの植物 4.オオオニバス「大鬼蓮」Vitória-régia(後半)

    前半ではオオオニバスのいくつかの特徴が取り上げられました。その中で料理用として使える種はポプコーンにして食べられると書きました。今回はオオオニバスの茎の調理法を紹介します…
  • ブラジルの植物 3.オオオニバス「大鬼蓮」Vitória-régia(前半)

    ブラジルの植物 3.オオオニバス「大鬼蓮」Vitória-régia(前半)

    ブラジルの花の中でオオオニバスは新奇で最も美しい花であり、アマゾン流域に自生する巨大水生植物です。1枚の葉の直径は1.5mから2m程にもなり、スイレン科の中で世界―大きな葉をつける被子植物です…
  • ブラジルの植物 2. キリストの涙

    ブラジルの植物 2. キリストの涙

    本年より「ブラジルの植物」について再開いたします。ブラジルの植物と言っても、原産地のものはそんなに豊富ではありません。でも、気候風土に恵まれているので植物や草花は育ちやすい環境にあります。ですから、世界の国々の植物がブラジルでのびのびと育って、きれいな花をたくさん咲かせます。その中で茶花に使えそうな花があれば飾ってみて楽しんでくだい…
  • ブラジルの植物 1. クアレズメイラ

    ブラジルの植物 1. クアレズメイラ

    今回より、初めての試みとして、ブラジルの植物を紹介します。豊かなブラジルの自然の中で、育まれた植物です。中には、茶人に好まれる茶席の花も、見出せることでしょう…