~ 一盌からピースフルネスを ~

ピレノポリスの“フェスタ・ド・ヂビノ”(聖霊降臨祭)

 ゴイアス州ピレノポリス市で毎年行われるフェスタ・ド・ヂビノは、ピレノポリスの市民が最大の楽しみ・喜びとしているお祭りです。宗教的で一般に知られた伝統行事で、12日間続くこの祭りの最高潮は、復活祭から50日目の聖なる日曜日と、当日に行われる多くの民俗芸能のパレードやショーです。

 ペンテコステ(聖霊降臨祭)が祝われて以来、人々の聖霊崇拝は古代から続いています。キリスト教の教えが始まった頃には、すでに、ペンテコステを祝っていました。ペンテコステは、鳩の姿で聖霊が使徒の集会に降りて、彼らの頭上を火の舌で照らしたと言い伝えられる日です。

 ペンテコステの饗宴は、13世紀にポルトガル人たちによって、ブラジルにもたらされました。

 ピレノポリス市で1819年にペンテコステが祝われた記録が残っています。

 フェスタ・ド・ヂビノ祭りシンボルは、リング型の’’炎の舌’’の中心に白い鳩が描かれる赤地の旗です。
白は、「平和を象徴」、赤は、「聖霊と炎の舌」を象徴しています。

 祭り前の期間には 田舎で行う祭典があり、最大の祭りは、聖なる日曜日に行われます。この日には、ピレノポリスの大通りでパレードが行われます。 パレードには、象徴的なポルトガルの王室・王・女王の冠、裁判官のシンボルなどが、白衣の乙女たちによって、厳かに披露されながら運ばれます。

 ペンテコステ祭りの期間中には、カバリアダ(馬上槍試合)のショーが上演され、キリスト教の信者とムーア人との争いが描かれています。登場人物の中では、仮面をつけているのが基本的なものです。伝統的なのは、牛の仮面ですが、ジャガー・猿・そして人間のもあります。もう一つの不可欠なアクセサリーは、仮面や馬を飾るクレープ紙の造花です。

 ピレノポリスのフェスタ・ド・ヂビノは、2010年4月15日にIPHANに承認され、ブラジルの無形文化遺産として登録されました。
(IPHAN = Instituto do Patrimônio Histórico e Cultural Nacional 〔国立歴史文化遺産研究所〕

2019年2月

こちらもご覧ください

  • ブラジルの植物

    ブラジルの植物

    今回より、初めての試みとして、ブラジルの植物を紹介します。豊かなブラジルの自然の中で、育まれた植物です。中には、茶人に好まれる茶席の花も、見出せることでしょう…
  • 公現祭(こうげんさい)

    公現祭(こうげんさい)

    公現祭は、イエス・キリストの生誕に因んだカトリックの行事です。ブラジル特有の公現祭の起源は、ポルトガルやスペインのカトリック教会の伝統に、アフリカやブラジルの先住民族インデオの文化の影響を組み込んだことに、関連づけられています…
  • 聖テレーズの日 (Santa Teresinha)

    聖テレーズの日 (Santa Teresinha)

    今回は、カトリックの世界で有名な聖テレーズを紹介します。10月1日は聖テレーズの日です。サン・パウロでは、聖テレーズへの尊敬とその教えに感謝する数多くのミサが行われますが、10月1日のミサは特に盛大です…
  • インディアン・デー

    インディアン・デー

    インディアンの国際祝日は8月9日です。ブラジルでは、4月19日に「インディオの日」を祝います。この祝日は全米インディアン議会に敬意を表し、その開催日4月19日を元に制定されました…
  • 聖週間

    聖週間

    聖週間は、イエスキリストの受難、死と復活を記念するカトリック教の伝統的な行事を指します。キリストがエルサレムに入城した際を思い起こす「枝の主日」(受難の主日)から、復活祭までの一週間です…