~ 一盌からピースフルネスを ~

ピレノポリスの“フェスタ・ド・ヂビノ”(聖霊降臨祭)

 ゴイアス州ピレノポリス市で毎年行われるフェスタ・ド・ヂビノは、ピレノポリスの市民が最大の楽しみ・喜びとしているお祭りです。宗教的で一般に知られた伝統行事で、12日間続くこの祭りの最高潮は、復活祭から50日目の聖なる日曜日と、当日に行われる多くの民俗芸能のパレードやショーです。

 ペンテコステ(聖霊降臨祭)が祝われて以来、人々の聖霊崇拝は古代から続いています。キリスト教の教えが始まった頃には、すでに、ペンテコステを祝っていました。ペンテコステは、鳩の姿で聖霊が使徒の集会に降りて、彼らの頭上を火の舌で照らしたと言い伝えられる日です。

 ペンテコステの饗宴は、13世紀にポルトガル人たちによって、ブラジルにもたらされました。

 ピレノポリス市で1819年にペンテコステが祝われた記録が残っています。

 フェスタ・ド・ヂビノ祭りシンボルは、リング型の’’炎の舌’’の中心に白い鳩が描かれる赤地の旗です。
白は、「平和を象徴」、赤は、「聖霊と炎の舌」を象徴しています。

 祭り前の期間には 田舎で行う祭典があり、最大の祭りは、聖なる日曜日に行われます。この日には、ピレノポリスの大通りでパレードが行われます。 パレードには、象徴的なポルトガルの王室・王・女王の冠、裁判官のシンボルなどが、白衣の乙女たちによって、厳かに披露されながら運ばれます。

 ペンテコステ祭りの期間中には、カバリアダ(馬上槍試合)のショーが上演され、キリスト教の信者とムーア人との争いが描かれています。登場人物の中では、仮面をつけているのが基本的なものです。伝統的なのは、牛の仮面ですが、ジャガー・猿・そして人間のもあります。もう一つの不可欠なアクセサリーは、仮面や馬を飾るクレープ紙の造花です。

 ピレノポリスのフェスタ・ド・ヂビノは、2010年4月15日にIPHANに承認され、ブラジルの無形文化遺産として登録されました。
(IPHAN = Instituto do Patrimônio Histórico e Cultural Nacional 〔国立歴史文化遺産研究所〕

2019年2月

こちらもご覧ください

  • ブラジルの植物 4.オオオニバス「大鬼蓮」Vitória-régia(後半)

    ブラジルの植物 4.オオオニバス「大鬼蓮」Vitória-régia(後半)

    前半ではオオオニバスのいくつかの特徴が取り上げられました。その中で料理用として使える種はポプコーンにして食べられると書きました。今回はオオオニバスの茎の調理法を紹介します…
  • ブラジルの植物 3.オオオニバス「大鬼蓮」Vitória-régia(前半)

    ブラジルの植物 3.オオオニバス「大鬼蓮」Vitória-régia(前半)

    ブラジルの花の中でオオオニバスは新奇で最も美しい花であり、アマゾン流域に自生する巨大水生植物です。1枚の葉の直径は1.5mから2m程にもなり、スイレン科の中で世界―大きな葉をつける被子植物です…
  • ブラジルの植物 2. キリストの涙

    ブラジルの植物 2. キリストの涙

    本年より「ブラジルの植物」について再開いたします。ブラジルの植物と言っても、原産地のものはそんなに豊富ではありません。でも、気候風土に恵まれているので植物や草花は育ちやすい環境にあります。ですから、世界の国々の植物がブラジルでのびのびと育って、きれいな花をたくさん咲かせます。その中で茶花に使えそうな花があれば飾ってみて楽しんでくだい…
  • ブラジルの植物 1. クアレズメイラ

    ブラジルの植物 1. クアレズメイラ

    今回より、初めての試みとして、ブラジルの植物を紹介します。豊かなブラジルの自然の中で、育まれた植物です。中には、茶人に好まれる茶席の花も、見出せることでしょう…
  • 公現祭(こうげんさい)

    公現祭(こうげんさい)

    公現祭は、イエス・キリストの生誕に因んだカトリックの行事です。ブラジル特有の公現祭の起源は、ポルトガルやスペインのカトリック教会の伝統に、アフリカやブラジルの先住民族インデオの文化の影響を組み込んだことに、関連づけられています…