~ 一盌からピースフルネスを ~

万霊節

 カトリック教会の祝祭日と関連する死者の日は、十一月一日と二日に行われます。

 十一月一日は「諸聖人の日」で全ての聖人と殉教者を祝います。そして二日は亡くなった教徒に捧げられる日です。

 ボルゴニアのオド(またはオディロン)ベネディクト修道士によって、九九八年十一月二日に死者へ祈りを捧げる習慣が義務付けられました。

 万霊節の休日には、数千人のブラジル人が花やろうそくを手に墓地へ行き、親愛なる故人へ祈りを捧げ、典礼を遂げます。サンパウロ市内には22箇所に市営墓地があります。都内全体に41墓地と1火葬場があります。

 コンソラソン墓地、アラサ墓地とサンパウロ墓地は有名な彫刻家の作品が観られる豪華な公共墓地です。

 サンパウロ市で最も古い墓地はコンソラソン墓地で一八五八年に建設され、現代美術を代表するタルシラ・ド・アマラウ画家、ワシントン・ルイス元大統領とサントス女侯爵等の遺体が納められています。

 ビラ・フォルモーザ墓地は76万3175平方メーターのラテンアメリカ最大な墓地です。

 サンパウロ市のモルンビ墓地にはF1で三回ワールドチャンピオンを獲得したアイルトン・セナの墓があります。

 ラテン・アメリカで唯一の日本人墓地は聖州の西方面に位置するアルバレス・マッシャード市にあります。現在この墓地はサンパウロ州歴史・建築・美術・観光財産保護審議会(Condephaat)によって歴史財産として登録されました。

 リヒャルト・シュトラウスの作曲した歌曲に、この名前⎾万霊節⏌があり美しい曲です。すべての魂の為に、祈りを捧げます。

 

2017年11月

こちらもご覧ください

  • ブラジルの植物

    ブラジルの植物

    今回より、初めての試みとして、ブラジルの植物を紹介します。豊かなブラジルの自然の中で、育まれた植物です。中には、茶人に好まれる茶席の花も、見出せることでしょう…
  • ピレノポリスの“フェスタ・ド・ヂビノ”(聖霊降臨祭)

    ピレノポリスの“フェスタ・ド・ヂビノ”(聖霊降臨祭)

    ゴイアス州ピレノポリス市で毎年行われるフェスタ・ド・ヂビノは、ピレノポリスの市民が最大の楽しみ・喜びとしているお祭りです。宗教的で一般に知られた伝統行事で、12日間続くこの祭りの最高潮は、復活祭から50日目の聖なる日曜日と、当日に行われる多くの民俗芸能のパレードやショーです…
  • 公現祭(こうげんさい)

    公現祭(こうげんさい)

    公現祭は、イエス・キリストの生誕に因んだカトリックの行事です。ブラジル特有の公現祭の起源は、ポルトガルやスペインのカトリック教会の伝統に、アフリカやブラジルの先住民族インデオの文化の影響を組み込んだことに、関連づけられています…
  • 聖テレーズの日 (Santa Teresinha)

    聖テレーズの日 (Santa Teresinha)

    今回は、カトリックの世界で有名な聖テレーズを紹介します。10月1日は聖テレーズの日です。サン・パウロでは、聖テレーズへの尊敬とその教えに感謝する数多くのミサが行われますが、10月1日のミサは特に盛大です…
  • インディアン・デー

    インディアン・デー

    インディアンの国際祝日は8月9日です。ブラジルでは、4月19日に「インディオの日」を祝います。この祝日は全米インディアン議会に敬意を表し、その開催日4月19日を元に制定されました…