~ 一盌からピースフルネスを ~

イエマンジャー

イエマンジャー

イエマンジャー

 イエマンジャーという名称はアフリカのヨルバ語「イェイェ・オモ・エジャ」つまり、「子どもは魚のような母親」という言葉から由来しています。

 この女神は、ブラジルでダンダルンバ、ドナ・ジャナイナ、イナエなど様々な名で知られています。宗教的混合の為、カトリック教の船乗りの聖母、無原罪の御宿りや処女マリアも連想されます。

 歴史家によると、イエマンジャーのお祭りは1923年に、二十五人の漁師のグループが不漁問題の解決を祈願して「海の母」にプレゼントを捧げたことから始まりました。

 ブラジル人の多くはイエマンジャーの信者です。彼女は全てのオリシャ(アフロ・ブラジル宗教カンドンブレとウンバンダの神々)の母です。海を保護し、愛と家族の守護神であり、妊婦と赤児の守り神でもあります。

 大晦日にはイエマンジャーの信者たちが女神を祀り、祈りを捧げ、願懸けをします。人々は白い服を纏い、ブラジル各地の海辺で波を七つ飛び越えます(アフロ・ブラジル宗教の影響)。

 サルバドール(バイア)では二月二日はイエマンジャーの祝日です。ブラジル最大の民間祭りが催され、毎年この祝祭には何千人もの観光客が集まりイエマンジャーを祝します。この日の服装は白です。信者たちの行列はリオ・べルメリョ海岸の集会所へと行進します。一般的に信者たちはオリシャに白い花、蝋燭、香水、鏡、飲み物や海の魚などの食べ物、ブラマンジュ(ヤシの実のプリン)とスイカを供えます。このお供えものは海に投げ入れられるか小さなボート(木材か発泡スチロール製)に乗せられます。この日には漁船の大きな行列もあります。

 リオ・グランデ・ド・スールのシドレイラ市にはブラジルで一番大きい、高さ8.30メートルのイエマンジャーの絵がセメントに彫られています。

2018年2月

Veja também

  • ブラジルの植物

    ブラジルの植物

    今回より、初めての試みとして、ブラジルの植物を紹介します。豊かなブラジルの自然の中で、育まれた植物です。中には、茶人に好まれる茶席の花も、見出せることでしょう…
  • ピレノポリスの“フェスタ・ド・ヂビノ”(聖霊降臨祭)

    ピレノポリスの“フェスタ・ド・ヂビノ”(聖霊降臨祭)

    ゴイアス州ピレノポリス市で毎年行われるフェスタ・ド・ヂビノは、ピレノポリスの市民が最大の楽しみ・喜びとしているお祭りです。宗教的で一般に知られた伝統行事で、12日間続くこの祭りの最高潮は、復活祭から50日目の聖なる日曜日と、当日に行われる多くの民俗芸能のパレードやショーです…
  • 公現祭(こうげんさい)

    公現祭(こうげんさい)

    公現祭は、イエス・キリストの生誕に因んだカトリックの行事です。ブラジル特有の公現祭の起源は、ポルトガルやスペインのカトリック教会の伝統に、アフリカやブラジルの先住民族インデオの文化の影響を組み込んだことに、関連づけられています…
  • 聖テレーズの日 (Santa Teresinha)

    聖テレーズの日 (Santa Teresinha)

    今回は、カトリックの世界で有名な聖テレーズを紹介します。10月1日は聖テレーズの日です。サン・パウロでは、聖テレーズへの尊敬とその教えに感謝する数多くのミサが行われますが、10月1日のミサは特に盛大です…
  • インディアン・デー

    インディアン・デー

    インディアンの国際祝日は8月9日です。ブラジルでは、4月19日に「インディオの日」を祝います。この祝日は全米インディアン議会に敬意を表し、その開催日4月19日を元に制定されました…