~ 一盌からピースフルネスを ~

ブラジルの植物 5.ブラジルボク Pau-Brasil蘇芳(すおう)の木

 蘇芳の木またはブラジルボクはブラジルを象徴する木でありその材木は高貴であります。先住民の言葉ではイビラピタンガと呼ばれ「赤い木」と言う意味です。蘇芳の木の心材が炎のように赤色していることに由来し、ブラジルという言葉は灼熱を意味するポルトガル語のブラーザという単語に由来しています。

 学名はCaesalpinia echinata, 改名 Paubrasília echinata. 材木から紅色色素が得られ長年にわたりヨロッパ人が高級衣類の染料として用いられました。材木はまた造船や家具の素材として使われ、現在では弦楽器の弓の材料として採用され、振動減衰性が低いため世界中のオーケストラから求められています。

 1530年から1630年の間約2億の大木が伐採され絶滅の恐れがあるため絶滅危惧種とされています。ポルトガル人によるブラジル開発は、ブラジルボクの伐採と輸出から始まって、ブラジルの歴史で経済時代を画し、いつしか、この地は「ブラジル」と呼ばれるようになったのです。

 ブラジルボクの木の特徴としては赤い木、トゲがある幹と実、緑色でつやがある葉があげられます。花は、大きくて黄色四枚の花弁と中心に赤くて小さな花弁一枚から成り立っています。ジャスミンに似ている芳香があります。一年に一度15日間だけ咲いています。淡い香りは芳香剤や液体洗剤の生産に使います。しかし、これらの生産物は主に職人が作っており花を植えて時期に収穫できるようにしています。

 ブラジルと命名した蘇芳の木は1500年もあるに関わらず生き生き伸び伸びと育ち続けています。その幹を見上げるとどこまで続いているかは見分けることができません。この木はブラジルの大西洋岸森林バイア州の南にある最も古い自然保護地帯の中にあるモンテ・パスコアル国立公園、博物館に生存しています。

2021年11月

こちらもご覧ください

  • ブラジルの植物 4.オオオニバス「大鬼蓮」Vitória-régia(後半)

    ブラジルの植物 4.オオオニバス「大鬼蓮」Vitória-régia(後半)

    前半ではオオオニバスのいくつかの特徴が取り上げられました。その中で料理用として使える種はポプコーンにして食べられると書きました。今回はオオオニバスの茎の調理法を紹介します…
  • ブラジルの植物 3.オオオニバス「大鬼蓮」Vitória-régia(前半)

    ブラジルの植物 3.オオオニバス「大鬼蓮」Vitória-régia(前半)

    ブラジルの花の中でオオオニバスは新奇で最も美しい花であり、アマゾン流域に自生する巨大水生植物です。1枚の葉の直径は1.5mから2m程にもなり、スイレン科の中で世界―大きな葉をつける被子植物です…
  • ブラジルの植物 2. キリストの涙

    ブラジルの植物 2. キリストの涙

    本年より「ブラジルの植物」について再開いたします。ブラジルの植物と言っても、原産地のものはそんなに豊富ではありません。でも、気候風土に恵まれているので植物や草花は育ちやすい環境にあります。ですから、世界の国々の植物がブラジルでのびのびと育って、きれいな花をたくさん咲かせます。その中で茶花に使えそうな花があれば飾ってみて楽しんでくだい…
  • ブラジルの植物 1. クアレズメイラ

    ブラジルの植物 1. クアレズメイラ

    今回より、初めての試みとして、ブラジルの植物を紹介します。豊かなブラジルの自然の中で、育まれた植物です。中には、茶人に好まれる茶席の花も、見出せることでしょう…
  • ピレノポリスの“フェスタ・ド・ヂビノ”(聖霊降臨祭)

    ピレノポリスの“フェスタ・ド・ヂビノ”(聖霊降臨祭)

    ゴイアス州ピレノポリス市で毎年行われるフェスタ・ド・ヂビノは、ピレノポリスの市民が最大の楽しみ・喜びとしているお祭りです。宗教的で一般に知られた伝統行事で、12日間続くこの祭りの最高潮は、復活祭から50日目の聖なる日曜日と、当日に行われる多くの民俗芸能のパレードやショーです…