~ 一盌からピースフルネスを ~

ブラジルの植物 5.ブラジルボク Pau-Brasil 蘇芳(すおう)の木

 蘇芳の木またはブラジルボクはブラジルを象徴する木でありその材木は高貴であります。先住民の言葉ではイビラピタンガと呼ばれ「赤い木」と言う意味です。蘇芳の木の心材が炎のように赤色していることに由来し、ブラジルという言葉は灼熱を意味するポルトガル語のブラーザという単語に由来しています。

 学名はCaesalpinia echinata, 改名 Paubrasília echinata. 材木から紅色色素が得られ長年にわたりヨロッパ人が高級衣類の染料として用いられました。材木はまた造船や家具の素材として使われ、現在では弦楽器の弓の材料として採用され、振動減衰性が低いため世界中のオーケストラから求められています。

 1530年から1630年の間約2億の大木が伐採され絶滅の恐れがあるため絶滅危惧種とされています。ポルトガル人によるブラジル開発は、ブラジルボクの伐採と輸出から始まって、ブラジルの歴史で経済時代を画し、いつしか、この地は「ブラジル」と呼ばれるようになったのです。

 ブラジルボクの木の特徴としては赤い木、トゲがある幹と実、緑色でつやがある葉があげられます。花は、大きくて黄色四枚の花弁と中心に赤くて小さな花弁一枚から成り立っています。ジャスミンに似ている芳香があります。一年に一度15日間だけ咲いています。淡い香りは芳香剤や液体洗剤の生産に使います。しかし、これらの生産物は主に職人が作っており花を植えて時期に収穫できるようにしています。

 ブラジルと命名した蘇芳の木は1500年もあるに関わらず生き生き伸び伸びと育ち続けています。その幹を見上げるとどこまで続いているかは見分けることができません。この木はブラジルの大西洋岸森林バイア州の南にある最も古い自然保護地帯の中にあるモンテ・パスコアル国立公園、博物館に生存しています。

2021年11月

こちらもご覧ください

  • ブラジルの植物 13. 西洋風蝶草 クレオメ Mussambê

    ブラジルの植物 13. 西洋風蝶草 クレオメ Mussambê

    この植物はブラジルと南アメリカの国々が原産地で、熱帯性、亜熱帯、地中海や温暖気候でよく生育します。ムサンベーはクレオメ、ベイジョ・フェドレント「悪臭のキス」、蜘蛛花、セテ・マリアス「七のマリア」という名でも知られています…
  • ブラジルの植物 12. カシューナットノキ Cajueiro カジュエイロ

    ブラジルの植物 12. カシューナットノキ Cajueiro カジュエイロ

    カシューナットノキは漆科に属する常緑樹、ブラジル北東部の原産植物です。学名はAnacardium occidentaleで大樹と小樹の二種類あります。大樹は5メートルから12メートル、20メートルに及ぶものもあり、小樹は4メートルまでの高さに生長します…
  • ブラジルの植物 11. オラプロノービス ora-pro-nóbis 杢キリン

    ブラジルの植物 11. オラプロノービス ora-pro-nóbis 杢キリン

    オラプロノービスの学名はペレスキア・アクレアタ(Pereskia aculeata )です。日本名はモクキリン、サボテン科コノハサボテン属の一種であります。茎や枝に刺がありますが、見慣れているサボテンとは全然違います。それに他の植物と同じように葉が付いています…
  • ブラジルの植物 10. カンブカー Cambucá

    ブラジルの植物 10. カンブカー Cambucá

    カンブカーはこの名の他カンブカバ、カンブリコー、カンビカーの名前でも知られています。バイア州、エスピリト・サント州、パラナ州とサンタ・カタリナ州の大西洋岸原生林の植物であり生息地でも数少なく成長が遅い植物であります…
  • ブラジルの風物 9. 聖フランシスコ・ザビエル São Francisco Xavier

    ブラジルの風物 9. 聖フランシスコ・ザビエル São Francisco Xavier

    この村の名前は聖フランシスコ・ザビエル(1506-1552)別名「東洋の聖パウロ」に由来しています。それは、この人が熱心な宣教師でイエズス会創立の一人でもあります…

更新情報

2024年2月12日 新年の日本の芸術展
2024年2月1日 22. 見得(みえ)
2024年2月1日 9. スイカについて
2024年1月5日 伯栄庵道場の大掃除
2024年1月5日 TEA(日本茶)展示
2024年1月5日 USP 茶会