~ 一盌からピースフルネスを ~

レヴェイヨン(Réveillon)

 ブラジルで十二月三十一日から一月一日の年越しを祝うレヴェイヨン(Réveillon)は、フランス語の「réveiller」から由来し、「目覚める」と言う意味です。

 前夜、ブラジル人は白い服(アフリカの宗教の信念に基づくといわれている)を着て、年越しを祝います。午前0時になると空は壮大な花火が点火し、ワインやシャンパンなどを飲みながら「Feliz Ano Novo」(幸せな新年を願う意味)と新年の挨拶が家族や友人の間で交わされます。

 夕食には、特に豚肉や魚のロースト(常に前方に進むから幸運をもたらすとされる動物)、レンズ豆(富と幸が開運)、ザクロの果肉七粒(種は翌年まで財布に入れておくと幸運と金運を引き寄せる)、くるみ、ナッツやアプリコット(富)、ぶどう(繁栄)などを食べます。

 海岸沿いには大勢の人々が集まり七波を飛び超えながら七つの願い事をします。この儀式はイエマンジャ(アフリカの海の女神)を崇めて行なうと言われています。

 サンパウロ市の日系協会は、毎年十二月三十一日にリベルダーデ区で「餅つき祭り」(Festival de bolinho da prosperidade) を催します。昨年行なわれたお祭りでは、二千キログラームのもち米を使用して餅をつき、できた「もち」(bolinho de arroz)と「お雑煮」(sopa de moti)は無料で配布されました。

2017年1月

こちらもご覧ください

  • ブラジルの植物 5.ブラジルボク Pau-Brasil蘇芳(すおう)の木

    ブラジルの植物 5.ブラジルボク Pau-Brasil蘇芳(すおう)の木

    蘇芳の木またはブラジルボクはブラジルを象徴する木でありその材木は高貴であります。先住民の言葉ではイビラピタンガと呼ばれ「赤い木」と言う意味です。蘇芳の木の心材が炎のように赤色していることに由来し、ブラジルという言葉は灼熱を意味するポルトガル語のブラーザという単語に由来しています…
  • ブラジルの植物 4.オオオニバス「大鬼蓮」Vitória-régia(後半)

    ブラジルの植物 4.オオオニバス「大鬼蓮」Vitória-régia(後半)

    前半ではオオオニバスのいくつかの特徴が取り上げられました。その中で料理用として使える種はポプコーンにして食べられると書きました。今回はオオオニバスの茎の調理法を紹介します…
  • ブラジルの植物 3.オオオニバス「大鬼蓮」Vitória-régia(前半)

    ブラジルの植物 3.オオオニバス「大鬼蓮」Vitória-régia(前半)

    ブラジルの花の中でオオオニバスは新奇で最も美しい花であり、アマゾン流域に自生する巨大水生植物です。1枚の葉の直径は1.5mから2m程にもなり、スイレン科の中で世界―大きな葉をつける被子植物です…
  • ブラジルの植物 2. キリストの涙

    ブラジルの植物 2. キリストの涙

    本年より「ブラジルの植物」について再開いたします。ブラジルの植物と言っても、原産地のものはそんなに豊富ではありません。でも、気候風土に恵まれているので植物や草花は育ちやすい環境にあります。ですから、世界の国々の植物がブラジルでのびのびと育って、きれいな花をたくさん咲かせます。その中で茶花に使えそうな花があれば飾ってみて楽しんでくだい…
  • ブラジルの植物 1. クアレズメイラ

    ブラジルの植物 1. クアレズメイラ

    今回より、初めての試みとして、ブラジルの植物を紹介します。豊かなブラジルの自然の中で、育まれた植物です。中には、茶人に好まれる茶席の花も、見出せることでしょう…