~ 一盌からピースフルネスを ~

聖ヨセフの祝日

 聖ヨセフ(ナザレのヨセフ・大工のヨセフ)は、新約聖書によると処女マリアの夫そしてイエスの養父です。聖ヨセフは、カトリック教にとって、とても大切な聖者です。この守護聖者の日は三月十九日で、ブラジルの様々な地域で祝われます。

 特に、ブラジルの東北地方ではとても人気があり、祝祭では精神的な側面から(ミサ、行列、守護聖者崇拝)と社会的な側面から(地方の代表的な料理の屋台、地元歌手の発表)の二つの事実が補完し表現されています。

 聖ヨセフはセアラ州の守護聖者です。この日、州内全ての市町村は休日となっています。雨の少ない田畑の農民はこの日に一年の雨と豊作を願いながら祝います。またセアラ州の奥地の信心深い住民たちは、祝日一か月前から毎日お祈りを捧げます。

 聖人崇拝のほか、代々伝えられてきた«民衆宗教心»もあります。この民衆的な表現は病気平癒や無病息災祈願の儀式を示しています。

 最も知られているのが果物を使って行う儀式です。この儀式は、知っている限りの果物の名を書いた紙を籠に入れ、その紙を聖者に願いごとをしながら一枚取り出し、取った紙に書いてある名の果物は一年中食べてはいけないということです。正当な願いであれば、その年のうちに願いは叶います。

 

フォルタレーザのメトロポリタン大聖堂

フォルタレーザのメトロポリタン大聖堂

セアラの行列

セアラの行列

 

2017年3月

こちらもご覧ください

  • ブラジルの植物 4.オオオニバス「大鬼蓮」Vitória-régia(後半)

    ブラジルの植物 4.オオオニバス「大鬼蓮」Vitória-régia(後半)

    前半ではオオオニバスのいくつかの特徴が取り上げられました。その中で料理用として使える種はポプコーンにして食べられると書きました。今回はオオオニバスの茎の調理法を紹介します…
  • ブラジルの植物 3.オオオニバス「大鬼蓮」Vitória-régia(前半)

    ブラジルの植物 3.オオオニバス「大鬼蓮」Vitória-régia(前半)

    ブラジルの花の中でオオオニバスは新奇で最も美しい花であり、アマゾン流域に自生する巨大水生植物です。1枚の葉の直径は1.5mから2m程にもなり、スイレン科の中で世界―大きな葉をつける被子植物です…
  • ブラジルの植物 2. キリストの涙

    ブラジルの植物 2. キリストの涙

    本年より「ブラジルの植物」について再開いたします。ブラジルの植物と言っても、原産地のものはそんなに豊富ではありません。でも、気候風土に恵まれているので植物や草花は育ちやすい環境にあります。ですから、世界の国々の植物がブラジルでのびのびと育って、きれいな花をたくさん咲かせます。その中で茶花に使えそうな花があれば飾ってみて楽しんでくだい…
  • ブラジルの植物 1. クアレズメイラ

    ブラジルの植物 1. クアレズメイラ

    今回より、初めての試みとして、ブラジルの植物を紹介します。豊かなブラジルの自然の中で、育まれた植物です。中には、茶人に好まれる茶席の花も、見出せることでしょう…
  • ピレノポリスの“フェスタ・ド・ヂビノ”(聖霊降臨祭)

    ピレノポリスの“フェスタ・ド・ヂビノ”(聖霊降臨祭)

    ゴイアス州ピレノポリス市で毎年行われるフェスタ・ド・ヂビノは、ピレノポリスの市民が最大の楽しみ・喜びとしているお祭りです。宗教的で一般に知られた伝統行事で、12日間続くこの祭りの最高潮は、復活祭から50日目の聖なる日曜日と、当日に行われる多くの民俗芸能のパレードやショーです…