~ 一盌からピースフルネスを ~

ブラジルの植物 4.オオオニバス「大鬼蓮」Vitória-régia(後半)

 前半ではオオオニバスのいくつかの特徴が取り上げられました。その中で料理用として使える種はポプコーンにして食べられると書きました。今回はオオオニバスの茎の調理法を紹介します。その茎の長さは5メートルに達するものもあり表面はトゲで覆われています。茎の皮をむくとトゲもいっしょに簡単にとれ、切ってみるとれんこんと似た穴があります。調理法はスパゲッティ、てんぷら、煮しめやサラダなどご馳走として食卓に出せます。ジャムも作れます。ポルトガル語のヴィデオですが、下記のリンクでどうぞご覧になってください。

https://www.youtube.com/watch?v=XIlcFWgmh6g 

 

 オオオニバスにはおもしろい伝説があります。

 この伝説はアマゾン流域に由来するものでインディオ「トウピ・グアラニー族」の小さな村で生まれ育った「ナイアー」という名の女性の物語です。ナイアーは大胆で根気強い人でした。

 ナイアーのたぐい稀な美しさは人々を魅惑させるほどでした。子供の頃から集落の民話、特に月の神の話を聞きながら成長しました。月は一番美しいインディオ女性に恋して星に変えるという話です。

 ナイアーは月に恋して星になって天で一緒に暮らしたくて毎晩、月に認められたい一心で村人が寝てから山に登りました。山の頂上で哀願しているある夜、月の光が湖に映っているのに気づき自分の王子様があそこに、手が届くところに泳いでいると思い込み水に飛び込んだが、そのまま戻れませんでした。

 月の神は感動してナイアーを星に変えたが空に輝く星とは違って「水の星」にしてあげました。綺麗なナイアーは芳香がある花で夜は白色で昼はピンク色に変わるオオオニバス、水の星になりました。

注‐この伝説は諸説あります。下記のリンクを入力すると読めます。
https://plaza.rakuten.co.jp/queserasera7/6003/

2021年8月

こちらもご覧ください

  • ブラジルの植物 3.オオオニバス「大鬼蓮」Vitória-régia(前半)

    ブラジルの植物 3.オオオニバス「大鬼蓮」Vitória-régia(前半)

    ブラジルの花の中でオオオニバスは新奇で最も美しい花であり、アマゾン流域に自生する巨大水生植物です。1枚の葉の直径は1.5mから2m程にもなり、スイレン科の中で世界―大きな葉をつける被子植物です…
  • ブラジルの植物 2. キリストの涙

    ブラジルの植物 2. キリストの涙

    本年より「ブラジルの植物」について再開いたします。ブラジルの植物と言っても、原産地のものはそんなに豊富ではありません。でも、気候風土に恵まれているので植物や草花は育ちやすい環境にあります。ですから、世界の国々の植物がブラジルでのびのびと育って、きれいな花をたくさん咲かせます。その中で茶花に使えそうな花があれば飾ってみて楽しんでくだい…
  • ブラジルの植物 1. クアレズメイラ

    ブラジルの植物 1. クアレズメイラ

    今回より、初めての試みとして、ブラジルの植物を紹介します。豊かなブラジルの自然の中で、育まれた植物です。中には、茶人に好まれる茶席の花も、見出せることでしょう…
  • ピレノポリスの“フェスタ・ド・ヂビノ”(聖霊降臨祭)

    ピレノポリスの“フェスタ・ド・ヂビノ”(聖霊降臨祭)

    ゴイアス州ピレノポリス市で毎年行われるフェスタ・ド・ヂビノは、ピレノポリスの市民が最大の楽しみ・喜びとしているお祭りです。宗教的で一般に知られた伝統行事で、12日間続くこの祭りの最高潮は、復活祭から50日目の聖なる日曜日と、当日に行われる多くの民俗芸能のパレードやショーです…
  • 公現祭(こうげんさい)

    公現祭(こうげんさい)

    公現祭は、イエス・キリストの生誕に因んだカトリックの行事です。ブラジル特有の公現祭の起源は、ポルトガルやスペインのカトリック教会の伝統に、アフリカやブラジルの先住民族インデオの文化の影響を組み込んだことに、関連づけられています…

更新情報