~ 一盌からピースフルネスを ~

茶杓

 茶杓は茶をすくう匙(さじ)のことで抹茶を茶器からすくって茶碗に入れる為の茶道具の一つです。

 もともと中国で薬匙(やくひ)として使用されておりましたが、わび茶の勃興と共に日本では竹の茶杓が使用されるようになりました。大きさはわずか五寸(15センチ)です。

 又、つくった人の人格をしのばせるもので銘をつけて用いたりします。時を経て人の手から手へと渡ってきた印象を強く受ける道具で個人の作った茶杓に出会うことは、その人物に出会い人柄に触れるような喜びがあります。

 

2017年11月

こちらもご覧ください

  • 炭-2

    炭-2

    前回に引き続き、今回は主な道具炭の名称と用途について学びます…
  • 炭-1

    炭というと、一般的には木炭(黒炭、白炭、おが炭、粉炭)と竹炭があげられます。黒炭は、主に燃料として使われます。白炭は、備長炭が有名で、魚を焼くなど料理用に使われます。竹炭は、脱臭効果があります。最近では、野菜や葉、花など植物系のものを炭化して作る“花炭”と呼ばれるものもあります…
  • 水屋道具-3

    水屋道具-3

    水屋にそろえておくと便利な水屋道具 ― 水やお湯に関するもの(下図の番号参照) ㉒搔器(かいげ)は、かいげんともいう。広く浅い杉の曲の合に柄のついた柄杓で、㉚水屋瓶(みずやがめ)から水を汲むのに使います。水屋柄杓ともいいます…
  • 水屋道具-2

    水屋道具-2

    水屋にそろえておくと便利な水屋道具 ― 茶に関するもの茶掃箱(ちゃはきばこ)は、上下二段になった桐の箱で、お茶を茶器に入れるための用具が納められています…
  • 水屋道具-1

    水屋道具-1

    茶席の中で使う道具を茶道具としたら、下準備や後片付けに必要な道具を称して水屋道具といいます。例えば(下図の番号参照)、⑪炭斗、火箸、釻などは席中で使う茶道具です。風炉や炉の下火を準備したり、釜をかけたりする下準備には、④箱炭斗、火箸、釻などを使います…