~ 一盌からピースフルネスを ~

茶碗

 ただ茶を飲むための器というわけではなく、特に濃茶の茶碗は客の掌から掌へと渡ることを通して一同が心を通い合わせ一つになる【一座建立】の役割を果たす重要な道具です。様々な茶会で茶碗は人々の手から手と渡って来たのです。

 いつ、どこで、誰の手でどのような思いを込めて焼かれたか、そしてどんな人がこの茶碗で茶を楽しんだか、そうしたことを器に問いかけると、茶の湯の魅力はいっそう深まってきます。

『道』より

 

曜変天目茶碗 藤田美術館所蔵

曜変天目茶碗 藤田美術館所蔵

 茶碗には古今東西に渡り多くの種類があります。

 中国の天目茶碗を、はじめとする「唐物」と、日本国内で作られた「和物」に分類できます。「唐物」は、朝鮮(高麗)、中国、南洋で作られており、「和物」には、楽焼、京焼き、国焼きがあります。

 

2017年7月

こちらもご覧ください

  • 炭-2

    炭-2

    前回に引き続き、今回は主な道具炭の名称と用途について学びます…
  • 炭-1

    炭というと、一般的には木炭(黒炭、白炭、おが炭、粉炭)と竹炭があげられます。黒炭は、主に燃料として使われます。白炭は、備長炭が有名で、魚を焼くなど料理用に使われます。竹炭は、脱臭効果があります。最近では、野菜や葉、花など植物系のものを炭化して作る“花炭”と呼ばれるものもあります…
  • 水屋道具-3

    水屋道具-3

    水屋にそろえておくと便利な水屋道具 ― 水やお湯に関するもの(下図の番号参照) ㉒搔器(かいげ)は、かいげんともいう。広く浅い杉の曲の合に柄のついた柄杓で、㉚水屋瓶(みずやがめ)から水を汲むのに使います。水屋柄杓ともいいます…
  • 水屋道具-2

    水屋道具-2

    水屋にそろえておくと便利な水屋道具 ― 茶に関するもの茶掃箱(ちゃはきばこ)は、上下二段になった桐の箱で、お茶を茶器に入れるための用具が納められています…
  • 水屋道具-1

    水屋道具-1

    茶席の中で使う道具を茶道具としたら、下準備や後片付けに必要な道具を称して水屋道具といいます。例えば(下図の番号参照)、⑪炭斗、火箸、釻などは席中で使う茶道具です。風炉や炉の下火を準備したり、釜をかけたりする下準備には、④箱炭斗、火箸、釻などを使います…