~ 一盌からピースフルネスを ~

蓋置

 蓋置は、釜の蓋をのせる道具で、柄杓を引く時にも用います。初めは台子皆具の内の一つで、唐銅で出来たものでしたが、独立して用いられるようになりました。唐銅から竹、陶磁器、さらに見立応用品なども加わり、多種多用となりました。

 代表的な蓋置として七種しちしゅ蓋置ふたおきがあります。火舎ほや香炉こうろ五徳ごとく一閑人いっかんじん人形にんじょうかに栄螺さざえの七種類の蓋置です。これらは金属・陶磁器ともにあります。

 竹の蓋置は、引切ひききりとも呼ばれ、鋸で引き切ったままの意味です。炉用は節を中程より少し上目に、風炉用は節いっぱいに、どちらも竹の根元が上になるように逆竹に切るのが約束です。

 

七種蓋置と竹の蓋置

2018年12月

こちらもご覧ください

  • 建水

    建水(けんすい)は、茶室で茶碗を清めた湯や水を捨てる器で、「こぼし」とも言います。もとは台子皆具の一つとして、唐銅製の建水の中に蓋置を入れて台子に荘りました…
  • 薄板

    花の台を薄板と称します。花入を畳床に荘る時は薄板にのせますが、原則として板床の場合は使用しません。又籠花入にも薄板は使用しません。薄板は三種類あり、花入の格調(真・行・草)によって使いわけます…
  • 花入

    茶の湯では、茶室に入れる花を茶花と呼び、花器を花入と呼びます。花入は掛物との調和はもとより、用いる花との関係にも心を配ることが大切です。種類は、飾る場所により「置花入」「掛花入」「釣花入」の三種類に分かれます…
  • 水次

    水次は、水注とも書き、席中に置かれた水指や釜に水を補う為の道具です。扱う場合は、片手ではなく、もう一方の手も添えて両手で扱います…
  • 水指・・・清浄な水を湛えて

    茶席の中で火に対する水を入れる器として、釜と対比して置かれる道具です。その為、茶が点てられる際には、すでに据えられた釜は別として、いちばん最初に登場します。清らかな水を湛えた水指の存在感は大きく…