~ 一盌からピースフルネスを ~

黒文字

 “黒文字”はお茶席などで主菓子に添えて出される楊枝です。香りのよいクロモジ(黒文字)の木の枝を削って作られ、楊枝自体も黒文字と呼ばれます。その名の由来は、樹皮に黒い斑点があり、それが文字に見えることから黒文字と呼ばれるようになったという一説があります。

 黒文字は銘々皿には一本、縁高には、蓋の上に人数分の本数を形よく組み添え、一客一本使用するのが原則ですが、菓子鉢などには、二本添えて箸として用いることもあります。

 長さは六寸(約18.2センチ)が普通とされますが、菓子器によって長短を選ぶこともあります。使う前に水に浸してから拭き、色と香りを引き立てて使います。これは、黒文字に菓子がくっついてしまわないようにとの配慮もあります。

 本来黒文字は、亭主が茶事の直前に自ら削って作るもので、客は使用後自分の分を懐紙に包んで持ち帰ることが正式です。しかし最近では懐紙に包んで返すこともあります。

 その他、茶懐石では長めの黒文字二本で、強肴(しいざかな)などの取り箸としても使われます。

 

2019年6月

Veja também

  • 水屋荘り

    水屋荘り

    水屋の棚に、必要な茶道具を使いやすいように整頓して置くことを水屋荘りといいます。今日では、一定の決まりができ、①水に関するものは下に ②火に関するものは上に ③大きいもの、席中で使わないもの、使用頻度の低いものは上に、というように分けて置きます…
  • 水屋

    水屋

    水屋とは、水谷とも書き、茶室に付属している一般家庭の台所にあたるものです。点前に必要な道具を並べて置き、点前の準備や後始末をする場所です…
  • 瓶掛と鉄瓶

    瓶掛と鉄瓶

    瓶掛は、鉄瓶をかける火鉢、または風炉を小さくした形のものをいいます。陶製、鉄製、唐銅製などがあります…
  • 風炉と敷板

    風炉と敷板

    風炉は夏から秋にかけて炭火を入れ、釜を掛けて湯をわかす道具です。直接畳には置かないで、敷板にのせて用います。これを風炉をすえるといいます。初めは、台子皆具の内のーつとして…
  • 釜

    茶の湯では、湯を沸かす道具のことを釜と言い、茶の湯を代表する道具です。風炉、炉いずれにも用いられ、大別して小ぶりのものは風炉用に、大ぶりのものは炉用に用いられます…