~ 一盌からピースフルネスを ~

黒文字

 “黒文字”はお茶席などで主菓子に添えて出される楊枝です。香りのよいクロモジ(黒文字)の木の枝を削って作られ、楊枝自体も黒文字と呼ばれます。その名の由来は、樹皮に黒い斑点があり、それが文字に見えることから黒文字と呼ばれるようになったという一説があります。

 黒文字は銘々皿には一本、縁高には、蓋の上に人数分の本数を形よく組み添え、一客一本使用するのが原則ですが、菓子鉢などには、二本添えて箸として用いることもあります。

 長さは六寸(約18.2センチ)が普通とされますが、菓子器によって長短を選ぶこともあります。使う前に水に浸してから拭き、色と香りを引き立てて使います。これは、黒文字に菓子がくっついてしまわないようにとの配慮もあります。

 本来黒文字は、亭主が茶事の直前に自ら削って作るもので、客は使用後自分の分を懐紙に包んで持ち帰ることが正式です。しかし最近では懐紙に包んで返すこともあります。

 その他、茶懐石では長めの黒文字二本で、強肴(しいざかな)などの取り箸としても使われます。

 

2019年6月

こちらもご覧ください

  • 炭-1

    炭というと、一般的には木炭(黒炭、白炭、おが炭、粉炭)と竹炭があげられます。黒炭は、主に燃料として使われます。白炭は、備長炭が有名で、魚を焼くなど料理用に使われます。竹炭は、脱臭効果があります。最近では、野菜や葉、花など植物系のものを炭化して作る“花炭”と呼ばれるものもあります…
  • 水屋道具-3

    水屋道具-3

    水屋にそろえておくと便利な水屋道具 ― 水やお湯に関するもの(下図の番号参照) ㉒搔器(かいげ)は、かいげんともいう。広く浅い杉の曲の合に柄のついた柄杓で、㉚水屋瓶(みずやがめ)から水を汲むのに使います。水屋柄杓ともいいます…
  • 水屋道具-2

    水屋道具-2

    水屋にそろえておくと便利な水屋道具 ― 茶に関するもの茶掃箱(ちゃはきばこ)は、上下二段になった桐の箱で、お茶を茶器に入れるための用具が納められています…
  • 水屋道具-1

    水屋道具-1

    茶席の中で使う道具を茶道具としたら、下準備や後片付けに必要な道具を称して水屋道具といいます。例えば(下図の番号参照)、⑪炭斗、火箸、釻などは席中で使う茶道具です。風炉や炉の下火を準備したり、釜をかけたりする下準備には、④箱炭斗、火箸、釻などを使います…
  • 水屋荘り

    水屋荘り

    水屋の棚に、必要な茶道具を使いやすいように整頓して置くことを水屋荘りといいます。今日では、一定の決まりができ、①水に関するものは下に ②火に関するものは上に ③大きいもの、席中で使わないもの、使用頻度の低いものは上に、というように分けて置きます…