~ 一盌からピースフルネスを ~

和服Q&A ④

問題:トゥッカーちゃんが、着物を仕立てるために反物(たんもの)を購入しました。下の4つのうち、反物から作ることができない着物はどれでしょう。

①小紋 ②色無地 ③付け下げ ④訪問着

反物

 

答えはここをクリック!

ここをクリック

答え: ④訪問着

 

 通常の着物の模様付けは、反物の状態で行いますが、訪問着の場合、模様が切れないように生地を切り、先に仮仕立てをしてしまいます。染色や刺繍をするときは、仮仕立てを解いてから加工し、仕立てます。これを絵羽模様(えばもよう)といい、格の高い模様付けの一つになっています。
 訪問着だけでなく、振袖、留袖も絵羽模様が特徴です。模様の配置によって種類が異なります。

 

 

訪問着の特徴

訪問着 肩から胸、袖から裾までひと続きになった絵羽模様が大きな特徴です。婚礼(列席者や親族)、パーティー、茶会、会食など、最も幅広く活用できます。
 一つ紋を付けると準礼装として着ることができますが、出席する場面の格と立場で決めるのが一般的です。


 

付け下げの特徴

付け下げ 反物から仕立て上げるのが特徴です。反物は出だしから終わりまで柄の付く場所が決まっています。基本的に縫い目に柄が行き渡らないので、一般的には訪問着よりも略式、小紋よりもよそ行きとして位置づけられます。
 付け下げは、反物からはイメージしにくいかもしれません。呉服屋では、反物の柄の付く場所に合わせて、上前袖と、上前身頃(裾~胸元まで)に反物を肩からかけ、後身頃と下前袖は別に作り、全体をイメージしてもらうようです。 

 

 

 

 

 

様々な付け下げ(上級編)

 付け下げは、現代では多種多様な柄つけが存在し、特徴を一口に言うことは大変難しいです。ここではごく簡単に、他の着物の種類と比べながら紹介します。

一般的な付け下げ   付け下げ訪問着

<一般的な付け下げ>

一般的な訪問着には少ない柄付け。
反物から仕立てるので、柄が縫い目をまたぎません。

 

<付け下げ訪問着>

訪問着と同様、絵羽模様です。一見、訪問着と見分けがつきにくいですが、衿と胸の柄がつながっていない場合が多いです。

     
一般的な小紋   付け下げ小紋

<一般的な小紋>

柄が繰り返しで、上下がありません。

 

<付け下げ小紋>

同じ柄の繰り返しですが、必ず上を向いています。

 
一般的な小紋   付け下げ小紋

 

2015年9月

こちらもご覧ください

  • 和服Q&A ⑧

    和服Q&A ⑧

    問題:9月に着る着物は何でしょう。 ①袷(あわせ) ②単衣(ひとえ) ③絽(ろ)
  • 和服Q&A ⑦

    和服Q&A ⑦

    問題:左は帯とその帯を一枚めくった時の画像です。①~⑥を二つにグループ分けしてみましょう。
  • 着物が恋するブラジル -着物はブラジルに熱視線?-

    着物が恋するブラジル -着物はブラジルに熱視線?-

     日本の風土が育んできた文化的な結晶の茶道。その日本的な美の世界を共に築いている一つの要素として着物があります。茶が唐から日本に入ってきた平安時代には着物は盛期といえる展開をしています…
  • 和服Q&A ⑥

    和服Q&A ⑥

    問題:左の写真のうち、織(おり)の着物はどれでしょう。
  • 和服Q&A ⑤

    和服Q&A ⑤

    問題:左の写真のうち、色無地を選んでみましょう。