~ 一盌からピースフルネスを ~

重陽(ちょうよう)

菊 九月九日のことで、重陽節供(ちょうようのせっく)ともいい、九の重なった日で重九(じゅうく)とも呼ばれた。「九」という陽の数が重なることから、中国では、奇数を陽の数として、陽の極である9が重なる、九月九日は、大変めでたい日とされた。

 中国では菊の花が長寿によいと信じられ、この日に酒に菊の花びらを浮かべて飲む菊酒の風習があった。菊酒は、延命長寿、邪気を祓う。

 これが天武天皇(7世紀後半)の時代に日本に伝えられ、菊花の宴として宮中の例年の儀となった。

 後鳥羽上皇〔12~13世紀)が、菊を、こよなく愛した為、以来、皇室の紋章に使われており、皇族に限らず菊を、デザインした紋章は、164点ある。

 天皇家のみが、使用出来る紋章は、「十六弁八重表菊紋」である。

Jurokuben-yaeomotegiku
十六弁八重表菊紋

Jukiku
十菊

Juroku-urakiku
十六裏菊

Kikusui
菊水

Kiku ni ichimonji
菊に一文字

 江戸時代には五節句のひとつに加えられ、幕府では諸大名以下を出仕、登城させて祝うほど公的な年中行事であった。民間でもこれにならい、菊酒を飲んだり、栗飯を食べる風があり、更衣(ころもがえ)としてこの日から綿入を着るのが一般的であった。元禄時代(17世紀)には、200種類以上も、菊の種類があった。

 菊は、日本文化に浸透したが、明治(19世紀)以降はこの日を祝う習慣は廃れ、現在では菊の品評会の催されることが多い日に、なってしまっている。

 

 

十菊・菊水・菊に一文字 (CC by-sa  Mukai, https://ja.wikipedia.org/wiki/菊花紋章)
十六裏菊 (CC by-sa Kaustubh, https://ja.wikipedia.org/wiki/菊花紋章)

2015年9月

こちらもご覧ください

  • 正月

    正月

    正月は、各歴の年初めのこと。旧年が無事に終わった事と、新年を祝う行事。元旦に年神様(としがみさま)という新年の神様が、一年の幸福をもたらすために、各家庭に降臨するとされています…
  • 箸

    世界的に見て、手で食事をする民族は多い。箸を使って食事をする民族は、多いとはいえないが、中国で生まれたいわれる箸の歴史は古い。日本の箸の歴史は、『魏志倭人伝』(三世紀末書かれた中国の歴史書)や『古事記』(八世紀に書かれた日本最古の歴史書)の中に箸が登場する…
  • 恵比須講

    恵比須講

     江戸時代から受け継がれている、民間の年中行事のひとつです。  恵比須は、一般的には、狩衣姿で、烏帽子をかぶり、右手に釣り竿、左手に鯛を、持ったかっこうをしています。  日本人になじみの深い〝七福神”の中で、福の神として知られている恵比須だけは、日本の神様です…
  • お盆

    お盆

    祖先の霊を祀る日本独特の行事で、日本古来の祖霊信仰と仏教が融合した行事です。仏教行事の『盂蘭盆会』の省略形として「盆」「お盆」とよばれます…
  • 北枕

    北枕

     北側に枕を置いて、頭をのせ、足先を南に向けて横になることを、北枕という。北枕は、縁起が悪いとされているが、【由来】は、仏教の祖である釈迦が、入滅の際、北の方角へ頭を、置いて横になったその姿を“頭北面西右脇”(ずほくめんさいうきょう)というが、ここから来ている…

更新情報