~ 一盌からピースフルネスを ~

 世界的に見て、手で食事をする民族は多い。

 箸を使って食事をする民族は、多いとはいえないが、中国で生まれたいわれる箸の歴史は古い。日本の箸の歴史は、『魏志倭人伝』(三世紀末書かれた中国の歴史書)や『古事記』(八世紀に書かれた日本最古の歴史書)の中に箸が登場する。

 スサノオノミコトが川上から流れてくる箸を見て人が住んでることを知り、ヤマタノオロチを、退治するきっかけになったと記されている。当時の箸は、ピンセット状になっていたようで、二本使いに変わったのは、後の時代のよう
だ。

 箸の材質は、竹、杉、柳、檜、桑、南天、紫檀、黒檀、象牙、金銀、鉄、銅、アルミ、合成樹脂等色々ある。

 用途により、菜箸、魚箸(まなばし)、祝宴に使う寿箸などある。

 箸の使い方のマナーでは、箸から箸へ移す“箸うつし”ご飯茶碗に箸を突き立てる “仏箸” “刺し箸” “ねぶり箸” “よせ箸” “もぎ箸” などはタブーとされている。箸置きが生まれたのは江戸時代という。

 最近は「マイ箸」(持ちばし)といい、環境問題を考慮した動きもある。

 箸の上げ下ろし――と、言われるように箸のマナーで、育ちが分かるとまでいわれ、大切な日本文化のしぐさ、マナーである。

2017年1月

Veja também

  • 正月

    正月

    正月は、各歴の年初めのこと。旧年が無事に終わった事と、新年を祝う行事。元旦に年神様(としがみさま)という新年の神様が、一年の幸福をもたらすために、各家庭に降臨するとされています…
  • 恵比須講

    恵比須講

     江戸時代から受け継がれている、民間の年中行事のひとつです。  恵比須は、一般的には、狩衣姿で、烏帽子をかぶり、右手に釣り竿、左手に鯛を、持ったかっこうをしています。  日本人になじみの深い〝七福神”の中で、福の神として知られている恵比須だけは、日本の神様です…
  • お盆

    お盆

    祖先の霊を祀る日本独特の行事で、日本古来の祖霊信仰と仏教が融合した行事です。仏教行事の『盂蘭盆会』の省略形として「盆」「お盆」とよばれます…
  • 北枕

    北枕

     北側に枕を置いて、頭をのせ、足先を南に向けて横になることを、北枕という。北枕は、縁起が悪いとされているが、【由来】は、仏教の祖である釈迦が、入滅の際、北の方角へ頭を、置いて横になったその姿を“頭北面西右脇”(ずほくめんさいうきょう)というが、ここから来ている…
  • 夏越の祓(なごしのはらえ)

    夏越の祓(なごしのはらえ)

     大祓“おおはらえ”といって、毎年6月と12月の晦日(みそか)に行われる、自分の穢れを落とす行事があります。1300年前の天武天皇の時代に恒例となりました…