~ 一盌からピースフルネスを ~

北枕

 北側に枕を置いて、頭をのせ、足先を南に向けて横になることを、北枕という。北枕は、縁起が悪いとされているが、【由来】は、仏教の祖である釈迦が、入滅の際、北の方角へ頭を、置いて横になったその姿を“頭北面西右脇”(ずほくめんさいうきょう)というが、ここから来ている。日本では、死を、忌むことから縁起が悪いと言われるが、死者の極楽往生を願い、遺体を、安置される場合のみ許されていたからである。

 中国でも、北枕の風習があり、食中毒や突然死のような急死の場合、北枕くと、生き返っることがあった。この不思議現象は、科学的に説明がつく。

【健康】

 北枕は、心臓への負担を和らげるために、体に良いと言う考えがあり、「釈迦が体を、北に向けたのもそのため」とする説もある。
 風水では、頭寒足熱の理のかなった「運気の上がる寝方」とされている。
 北枕で寝ると、地磁気の関係で、よく眠れ、若返りにも効果があり、『北枕健康法』というのもある。
 地球の磁力線は、北から南に向かって流れているため、同方向に体を置くことで、微弱ながら磁気を吸収できる。仮死状態だった場合、地磁気が血行を促して蘇生したケースがあったと考えられる。

よって、北枕は、熟睡でき健康に良く、健康だからこそ穏やかな性格になり、人間関係も円満に、その結果仕事が順調になり、金運も、貯蓄もできる素晴らしい方向といえる。他の考えを、下記に、列記します。

〔東枕〕仕事運、成長、若さといった運気を、取り込む。

〔西枕〕一番安眠できる方角、落ち着いた性格、運気が安定。

〔南枕〕一番おすすめ出来ない寝る方向(熟睡できない)ですが、才能運が上がり、野生の感が冴えわたり、人気運が上昇する。

※ 就寝前は、なるべく楽しいことを、思ってくださいね!!!

2016年8月

こちらもご覧ください

  • 正月

    正月は、各歴の年初めのこと。旧年が無事に終わった事と、新年を祝う行事。元旦に年神様(としがみさま)という新年の神様が、一年の幸福をもたらすために、各家庭に降臨するとされています…
  • 世界的に見て、手で食事をする民族は多い。箸を使って食事をする民族は、多いとはいえないが、中国で生まれたいわれる箸の歴史は古い。日本の箸の歴史は、『魏志倭人伝』(三世紀末書かれた中国の歴史書)や『古事記』(八世紀に書かれた日本最古の歴史書)の中に箸が登場する…
  • 恵比須講

     江戸時代から受け継がれている、民間の年中行事のひとつです。  恵比須は、一般的には、狩衣姿で、烏帽子をかぶり、右手に釣り竿、左手に鯛を、持ったかっこうをしています。  日本人になじみの深い〝七福神”の中で、福の神として知られている恵比須だけは、日本の神様です…
  • お盆

    祖先の霊を祀る日本独特の行事で、日本古来の祖霊信仰と仏教が融合した行事です。仏教行事の『盂蘭盆会』の省略形として「盆」「お盆」とよばれます…
  • 夏越の祓(なごしのはらえ)

     大祓“おおはらえ”といって、毎年6月と12月の晦日(みそか)に行われる、自分の穢れを落とす行事があります。1300年前の天武天皇の時代に恒例となりました…