~ 一盌からピースフルネスを ~

恵比須講

 江戸時代から受け継がれている、民間の年中行事のひとつです。
 恵比須は、一般的には、狩衣姿で、烏帽子をかぶり、右手に釣り竿、左手に鯛を、持ったかっこうをしています。
 日本人になじみの深い“七福神”の中で、福の神として知られている恵比須だけは、日本の神様です。
 恵比須は、「イザナギ」「イザナミ」の子の「蛭子命」といわれています。

 日本の民間信仰において、恵比須は、漁業、商業の神様といわれています。
 この恵比須講は、開運守護や、商売繁盛や家内安全、無病息災を願うものです。

 10月は、神無月というように、多くの神は、出雲へ出かけてしまいますが、恵比須様だけは、留守をしてくれるというので、この恵比須様を、慰めようとして始まったともいわれています。関東では、10月20日に、行うところが多く(二十えびす)、関西では正月10日に行う地域が多いようで、「十日戎」といいます。農村では、そば、とろろ、小豆飯、二股大根を、供えたりします。商家では、鯛、神酒、鏡餅、柿、栗などを供え、客を招いて商売繁盛を祈ります。

 この時期(10月19~20日)に、東京、日本橋では、「べったら市」が開かれ、漬物・べったら漬け〔干し大根の米麹につけた甘味のある漬物〕が売られます。

 東京では、寶田恵比須神社(べったら市)、栃木、長野、兵庫の、西宮神社。
 京都の八坂神社、ゑびす神社。大阪の天満宮、住吉神社。福岡市や北九州市の十日恵比須、などは有名です。

 

2016年10月

Veja também

  • 正月

    正月

    正月は、各歴の年初めのこと。旧年が無事に終わった事と、新年を祝う行事。元旦に年神様(としがみさま)という新年の神様が、一年の幸福をもたらすために、各家庭に降臨するとされています…
  • 箸

    世界的に見て、手で食事をする民族は多い。箸を使って食事をする民族は、多いとはいえないが、中国で生まれたいわれる箸の歴史は古い。日本の箸の歴史は、『魏志倭人伝』(三世紀末書かれた中国の歴史書)や『古事記』(八世紀に書かれた日本最古の歴史書)の中に箸が登場する…
  • お盆

    お盆

    祖先の霊を祀る日本独特の行事で、日本古来の祖霊信仰と仏教が融合した行事です。仏教行事の『盂蘭盆会』の省略形として「盆」「お盆」とよばれます…
  • 北枕

    北枕

     北側に枕を置いて、頭をのせ、足先を南に向けて横になることを、北枕という。北枕は、縁起が悪いとされているが、【由来】は、仏教の祖である釈迦が、入滅の際、北の方角へ頭を、置いて横になったその姿を“頭北面西右脇”(ずほくめんさいうきょう)というが、ここから来ている…
  • 夏越の祓(なごしのはらえ)

    夏越の祓(なごしのはらえ)

     大祓“おおはらえ”といって、毎年6月と12月の晦日(みそか)に行われる、自分の穢れを落とす行事があります。1300年前の天武天皇の時代に恒例となりました…