~ 一盌からピースフルネスを ~

各地域便り ‐ レジストロの茶道

 日本移民ゆかりの地であり、お茶の産地でもある水郷レジストロから茶道の活動状況について概略をお伝えします。

 こちらでは1991年5月に会員24名でレジストロ茶道部が発足し、サンパウロの裏千家から武田宗芳、宗南先生ご夫妻をお迎えして稽古が始まって以来約25年間に亘って継続されて今日に至っております。

 

 

 この間の主な活動としては、サントス市から日本文化紹介の要請を受けて、2007年8月その初日に茶道デモンストレーションをさせて頂きました。

 その他クリチーバ市の全伯地区大会にも参加致しました。レジストロにおいても全伯地区大会を2回程させて頂き、毎年行われる日本週間の初頭行事と敬老会のでは呈茶を行うことが慣例となっております。

 現在の会員は私を含めて6名で内訳は茶名を頂いた方が2名、正引次2名、大円之真1名、和巾1名です。後継者育成の面では日本語学校の生徒およそ10名の方に毎月一回の稽古指導を行っております。又、大本教にも茶道部があり現在7名の生徒が稽古を続けております。

 10年ほど前でしたか、宗旦忌に参加して許状受け取られる方をみて、「一体、人が健康で一つのことを成し遂げることは大変なことである」ことを痛感したものでした。

 我々も幸いにして林先生ご夫妻並びに諸先生方の御指導により今日あることは大きな喜びとする次第です。

 

松藤良光

2016年10月

こちらもご覧ください

  • 日本便りー姫路からー

    日本便りー姫路からー

    ブラジル駐在を終え、日本での新生活は姫路市でスタートとなりました。夫婦共々全く初めての土地ですが、姫路と言えばやはり姫路城。日本有数の美しい城がある街に期待を寄せやってきました…
  • アラブ人の「おもてなし」と茶道

    アラブ人の「おもてなし」と茶道

    此度、ブラジルのリオデジャネイロに夫の赴任と共に越してまいりました。以前の転勤先では、ドバイ裏千家茶道同好会に属しており、アブダビの緑水庵で稽古をしておりました。その時の思い出を記したいと思います…
  • 旅行記: 旧ヨーロッパの魅力・中東の美しさ

    旅行記: 旧ヨーロッパの魅力・中東の美しさ

    ヨーロッパを訪れることは、西洋の最も象徴的な過去に戻る機会を示しています。それは新しいものと古いものに同時に触れることのできる機会でもあります。世界の多くの地域と同様に、時の流れに残された足跡は物語を語り、多くの秘密を守っています…
  • 日本便りーモロッコ旅行を振り返ってー

    日本便りーモロッコ旅行を振り返ってー

    ブラジル駐在中の旅行先を思い返して特に印象的だったのは、北アフリカに位置するモロッコ。日本からは少々遠くて行きづらいけれど、サンパウロからは直行便があるということで選んだ旅行先でした…
  • 日本便りー根津美術館を訪ねてー

    日本便りー根津美術館を訪ねてー

    私の自宅からほど近い東京都心の青山にありますこの私設美術館は毎年今の時期に国宝である尾形光琳の燕子花図屏風が公開され、庭園内には美しい燕子花が見事に咲いております…

更新情報

2024年2月12日 新年の日本の芸術展
2024年2月1日 22. 見得(みえ)
2024年2月1日 9. スイカについて
2024年1月5日 伯栄庵道場の大掃除
2024年1月5日 TEA(日本茶)展示
2024年1月5日 USP 茶会