~ 一盌からピースフルネスを ~

5. 菊

 菊は日本の皇室の紋章であり、日本一の出荷量を誇る花です。
 菊は、キク科の多年草で、日本の代表的な花です。主に秋に咲き、多くの種類があり、大きさにより大菊、中菊、小菊と大別されます。

 菊は古く中国より渡来しました。9月9日は、〈重陽の節句〉といわれ、別名「菊の節句」ともいい、菊の花で不老長寿を祈願します。この〈重陽の節句〉には、「菊尽くし」を楽しむのも面白い趣向です。菊酒、栗ご飯、秋茄子等食します。

 菊の日本文化への浸透は、桓武天皇が791年に催した「菊合わせ」に見ることが出来ます。「菊合わせ」とは、人数を左右に分け、双方から菊の花を持ち寄って、その美しさを競いあう遊戯です。いわば「歌合せ」の菊版といえましょう。この「菊合わせ」は、江戸時代(17世紀~19世紀)には庶民の間で盛んに行われるようになり江戸時代の中期、後期の特に文化年間(1804~1818年)には、菊の花と葉でつくった見世物、菊人形がはじまります。
 この人気は明治に入っても衰えず、現在まで続いています。

 山形県では、食用菊「食用菊~もってのほか」があります。その独特の風味と味の良さは、「食用菊の王様」ともいわれ、名前の由来は、「天皇のご紋章の菊を食べるとは、もってのほか」からきております。
 此の食用菊は、正式には、”延命樂えんめいらく”という品種です。
 さっと茹で、和え物.酢の物、おひたし、てんぷら、吸い物に使います。

 この天皇家の御紋章は、《十六弁八重表菊紋》といわれます。

 ブラジルの日系農家でも菊造りは盛んで、見事な大輪を栽培しておられます。
 菊の別名リョウリギクの菊花は、薬用として、めまい、解毒耳鳴り、腰痛咳止めに用いられます。

 イタリアのプッチーニの弦楽四重奏に〔CISANTEMI〕(菊)という曲目があります。

2019年10月

こちらもご覧ください

  • 12. 身に入む(みにしむ)

    12. 身に入む(みにしむ)

    表題の言葉は、聞きなれない言葉かもしれない。しかしこの言葉、「身に入む」は、季語になっている。秋風がひんやりしてくる。人は誰でももののあわれを感じるようになる。こうした秋の思いを誘うような、肌に沁み通っているような感じを言う。染む、沁む、浸む、滲む とも書く…
  • 11. 雪月花

    11. 雪月花

    雪月花(せつげっか)は、四季折々の自然の風物の中で、雅趣のあるものとされるものの総称です。日本の芸術・美術の特質の一つとしてもとらえられており、詩歌やその他芸能にも表現されています。この雪月花(ゆき、つき、はなともいう)は、この順序で用いられることが、伝統的です。この伝統的な日本の美の感覚は、連想される語として様々な場所に用いられます…
  • 10. 紅葉

    10. 紅葉

    今回は、日本の秋に、紅葉こうようするもみじについて紹介します。 日本の北海道では、9月中旬から10月下旬に、又南の九州では、10月下旬から12月上旬にかけて、もみじは紅葉します…
  • 9. 桜

    9. 桜

    日本の桜の開花の季節は、三月、四月。アメリカのワシントンDCは、五月。ブラジルは、七月、八月。地域や、緯度によって異なるが、日本人ほど、桜の花を愛する民族はいない。それが民族の個性なのだろうか…
  • 8. 雨水

    8. 雨水

    雨水(うすい)とは、空から降るものが、雪から雨に変わり、雪が溶け始めるころをいう。水がぬるみ、草木が芽生える頃で、昔から農耕の目安とされてきた…