~ 一盌からピースフルネスを ~

フェスタ・ジュニーナ

左から聖ペドロ、聖ジョアン、聖アントニオ

左から聖ペドロ、聖ジョアン、聖アントニオ

 フェスタ・ジュニーナはヨーロッパのキリスト教国に起源があります。この祭りはカトリック教聖人として知られる聖ジョアンを祝し「ジョアニナ」と呼ばれていました。

 初めのころは聖ジョアンの祝日(24日)だけを祝っておりましたが、聖ペドロ(29日)と聖アントニオ(13日)の祝日も6月にあることから、習合してフェスタ・ジュニーナ(6月の祭り)となりました。

 色鮮やかな小旗で飾られた場所に、焚き火、典型的な料理の屋台が並び、そしてクアドリーリャ(スクエアダンス)を踊るこの祝祭はブラジルの民間伝承のひとつです。

 フェスタ・ジュニーナはブラジルの所々で行なわれますが、東北地方ではさらに普及され盛大です。パライバ州カンピナ・グランデ市やペルナンブコ州カルアル市などは祝祭とクアドリーリャのコンテストで有名な町です。

パモニア、愛のりんご、クラウなど

パモニア、愛のりんご、クラウなど

 この祝祭の典型的な料理はパモニャ(トウモロコシをすりつぶして作るペースト状のものをトウモロコシの皮で包んで茹でる菓子料理)、クラウ(トウモロコシで作るプリン)、パソッカ(ピーナッツでできたお菓子)、アホース・ドーセ(ライスミルクにシナモン入り)、それに冬の寒さを退けるケントン(サトウキビの焼酎ピンガに生姜やスパイスを使って暖めた飲み物)などです。

 学校でも子ども達はクアドリーリャを踊ったり、釣り(手作りの魚を釣る)や輪投げなど色々なゲームをしたりしながら賞品を獲得し、楽しく祝います。また、マッサン・デ・アモール(愛のりんご)、ポップコーンや綿菓子もこの日には欠かせないスイーツです。

 

 

2016年6月

こちらもご覧ください

  • ブラジルの植物 13. 西洋風蝶草 クレオメ Mussambê

    ブラジルの植物 13. 西洋風蝶草 クレオメ Mussambê

    この植物はブラジルと南アメリカの国々が原産地で、熱帯性、亜熱帯、地中海や温暖気候でよく生育します。ムサンベーはクレオメ、ベイジョ・フェドレント「悪臭のキス」、蜘蛛花、セテ・マリアス「七のマリア」という名でも知られています…
  • ブラジルの植物 12. カシューナットノキ Cajueiro カジュエイロ

    ブラジルの植物 12. カシューナットノキ Cajueiro カジュエイロ

    カシューナットノキは漆科に属する常緑樹、ブラジル北東部の原産植物です。学名はAnacardium occidentaleで大樹と小樹の二種類あります。大樹は5メートルから12メートル、20メートルに及ぶものもあり、小樹は4メートルまでの高さに生長します…
  • ブラジルの植物 11. オラプロノービス ora-pro-nóbis 杢キリン

    ブラジルの植物 11. オラプロノービス ora-pro-nóbis 杢キリン

    オラプロノービスの学名はペレスキア・アクレアタ(Pereskia aculeata )です。日本名はモクキリン、サボテン科コノハサボテン属の一種であります。茎や枝に刺がありますが、見慣れているサボテンとは全然違います。それに他の植物と同じように葉が付いています…
  • ブラジルの植物 10. カンブカー Cambucá

    ブラジルの植物 10. カンブカー Cambucá

    カンブカーはこの名の他カンブカバ、カンブリコー、カンビカーの名前でも知られています。バイア州、エスピリト・サント州、パラナ州とサンタ・カタリナ州の大西洋岸原生林の植物であり生息地でも数少なく成長が遅い植物であります…
  • ブラジルの風物 9. 聖フランシスコ・ザビエル São Francisco Xavier

    ブラジルの風物 9. 聖フランシスコ・ザビエル São Francisco Xavier

    この村の名前は聖フランシスコ・ザビエル(1506-1552)別名「東洋の聖パウロ」に由来しています。それは、この人が熱心な宣教師でイエズス会創立の一人でもあります…

更新情報

2024年2月12日 新年の日本の芸術展
2024年2月1日 22. 見得(みえ)
2024年2月1日 9. スイカについて
2024年1月5日 伯栄庵道場の大掃除
2024年1月5日 TEA(日本茶)展示
2024年1月5日 USP 茶会