~ 一盌からピースフルネスを ~

フェスタ・ジュニーナ

左から聖ペドロ、聖ジョアン、聖アントニオ

左から聖ペドロ、聖ジョアン、聖アントニオ

 フェスタ・ジュニーナはヨーロッパのキリスト教国に起源があります。この祭りはカトリック教聖人として知られる聖ジョアンを祝し「ジョアニナ」と呼ばれていました。

 初めのころは聖ジョアンの祝日(24日)だけを祝っておりましたが、聖ペドロ(29日)と聖アントニオ(13日)の祝日も6月にあることから、習合してフェスタ・ジュニーナ(6月の祭り)となりました。

 色鮮やかな小旗で飾られた場所に、焚き火、典型的な料理の屋台が並び、そしてクアドリーリャ(スクエアダンス)を踊るこの祝祭はブラジルの民間伝承のひとつです。

 フェスタ・ジュニーナはブラジルの所々で行なわれますが、東北地方ではさらに普及され盛大です。パライバ州カンピナ・グランデ市やペルナンブコ州カルアル市などは祝祭とクアドリーリャのコンテストで有名な町です。

パモニア、愛のりんご、クラウなど

パモニア、愛のりんご、クラウなど

 この祝祭の典型的な料理はパモニャ(トウモロコシをすりつぶして作るペースト状のものをトウモロコシの皮で包んで茹でる菓子料理)、クラウ(トウモロコシで作るプリン)、パソッカ(ピーナッツでできたお菓子)、アホース・ドーセ(ライスミルクにシナモン入り)、それに冬の寒さを退けるケントン(サトウキビの焼酎ピンガに生姜やスパイスを使って暖めた飲み物)などです。

 学校でも子ども達はクアドリーリャを踊ったり、釣り(手作りの魚を釣る)や輪投げなど色々なゲームをしたりしながら賞品を獲得し、楽しく祝います。また、マッサン・デ・アモール(愛のりんご)、ポップコーンや綿菓子もこの日には欠かせないスイーツです。

 

 

2016年6月

こちらもご覧ください

  • ブラジルの植物 5.ブラジルボク Pau-Brasil蘇芳(すおう)の木

    ブラジルの植物 5.ブラジルボク Pau-Brasil蘇芳(すおう)の木

    蘇芳の木またはブラジルボクはブラジルを象徴する木でありその材木は高貴であります。先住民の言葉ではイビラピタンガと呼ばれ「赤い木」と言う意味です。蘇芳の木の心材が炎のように赤色していることに由来し、ブラジルという言葉は灼熱を意味するポルトガル語のブラーザという単語に由来しています…
  • ブラジルの植物 4.オオオニバス「大鬼蓮」Vitória-régia(後半)

    ブラジルの植物 4.オオオニバス「大鬼蓮」Vitória-régia(後半)

    前半ではオオオニバスのいくつかの特徴が取り上げられました。その中で料理用として使える種はポプコーンにして食べられると書きました。今回はオオオニバスの茎の調理法を紹介します…
  • ブラジルの植物 3.オオオニバス「大鬼蓮」Vitória-régia(前半)

    ブラジルの植物 3.オオオニバス「大鬼蓮」Vitória-régia(前半)

    ブラジルの花の中でオオオニバスは新奇で最も美しい花であり、アマゾン流域に自生する巨大水生植物です。1枚の葉の直径は1.5mから2m程にもなり、スイレン科の中で世界―大きな葉をつける被子植物です…
  • ブラジルの植物 2. キリストの涙

    ブラジルの植物 2. キリストの涙

    本年より「ブラジルの植物」について再開いたします。ブラジルの植物と言っても、原産地のものはそんなに豊富ではありません。でも、気候風土に恵まれているので植物や草花は育ちやすい環境にあります。ですから、世界の国々の植物がブラジルでのびのびと育って、きれいな花をたくさん咲かせます。その中で茶花に使えそうな花があれば飾ってみて楽しんでくだい…
  • ブラジルの植物 1. クアレズメイラ

    ブラジルの植物 1. クアレズメイラ

    今回より、初めての試みとして、ブラジルの植物を紹介します。豊かなブラジルの自然の中で、育まれた植物です。中には、茶人に好まれる茶席の花も、見出せることでしょう…