~ 一盌からピースフルネスを ~

花見

 日本人は、花見によって 春の訪れを実感する国民です。

 桜の木には、神様が宿り、満開の桜に触れれば、健康になれると言われてきました。桜の花粉の中のリンと硫黄を吸収すると、疲労物質が消えるという。

 花見という場合は、日本人は桜を指しますが、奈良時代は花は梅をさし、平安時代からは、桜をさすようになりました。
 嵯峨天皇の神泉苑で開いた観桜の宴、豊臣秀吉の醍醐の花見は、有名です。
 江戸時代には、徳川家光が、奈良から上野に桜を移植させ、それから上野が桜の名所になったようです。

 桜は蕾から満開まで一週間ぐらいで、散り際の美しさ、儚さは、日本人の美意識に強く訴えかけるものがあり、散り際のいさぎよさは、武士(もののふ)の心にもつながります。

 3月から5月にかけて、日本全土で“桜前線”のニュースが流れ、つぼみ・咲きはじめ、五分咲き・七分咲き、満開、散り始め・葉桜と、だいたい四段階にわかれ、報道されます。
 この“葉桜”は花が散って若葉の出た桜で、夏の季語です。

 さくらの名所の百選、夜桜、花見露天風呂のある宿屋など、日本全国、桜の話題でで賑わいます。
 推定、樹齢1000年から2000年の桜の木もあります。

 桜の名所は、国宝松本城(長野)姫路城(兵庫)吉野山(奈良)三井寺(滋賀)造幣局の桜の通り抜け(大阪)新宿御苑・上野公園・目黒川沿い(東京)合戦場の枝垂桜(福島)等、枚挙にいとまがありません。

 

もろともに あはれと思へ 山桜 花よりほかに知る人もなし
前大僧正行尊(さきのだいそうじょうぎょうそん)

 

2016年4月

こちらもご覧ください

  • 正月

    正月

    正月は、各歴の年初めのこと。旧年が無事に終わった事と、新年を祝う行事。元旦に年神様(としがみさま)という新年の神様が、一年の幸福をもたらすために、各家庭に降臨するとされています…
  • 箸

    世界的に見て、手で食事をする民族は多い。箸を使って食事をする民族は、多いとはいえないが、中国で生まれたいわれる箸の歴史は古い。日本の箸の歴史は、『魏志倭人伝』(三世紀末書かれた中国の歴史書)や『古事記』(八世紀に書かれた日本最古の歴史書)の中に箸が登場する…
  • 恵比須講

    恵比須講

     江戸時代から受け継がれている、民間の年中行事のひとつです。  恵比須は、一般的には、狩衣姿で、烏帽子をかぶり、右手に釣り竿、左手に鯛を、持ったかっこうをしています。  日本人になじみの深い〝七福神”の中で、福の神として知られている恵比須だけは、日本の神様です…
  • お盆

    お盆

    祖先の霊を祀る日本独特の行事で、日本古来の祖霊信仰と仏教が融合した行事です。仏教行事の『盂蘭盆会』の省略形として「盆」「お盆」とよばれます…
  • 北枕

    北枕

     北側に枕を置いて、頭をのせ、足先を南に向けて横になることを、北枕という。北枕は、縁起が悪いとされているが、【由来】は、仏教の祖である釈迦が、入滅の際、北の方角へ頭を、置いて横になったその姿を“頭北面西右脇”(ずほくめんさいうきょう)というが、ここから来ている…

更新情報