~ 一盌からピースフルネスを ~

おみくじ

おみくじ 「くじ」に敬称の「お」と「み」をつけたのが、「御神籤」です。
 おみくじとは、神社、仏閣で吉凶を占うために引く「くじ」のことです。

 古代において国の祭政に関する重要な事項や後継者を選ぶ際に、神の意志を占うために、くじ引きをすることがあり、古代に行われた卜占(ぼくせん)にあるとされ、これが現在の「おみくじ」の起源とされています。
 直接の原型となったのは元三慈恵大師良源上人がんざんじえだいしりょうげんしょうんにん(912~985)の創始とされています。この大師は、比叡山延暦寺の中興の祖、異名(厄除け大師)といわれ、民間の信仰もあつく敬われています。

【吉凶の順位】
大吉、中吉、小吉、吉、末吉、凶、大凶、がだいたいの順序ですが、大吉の次に吉の位置がいれかえられて大吉、吉、中吉、小吉、凶と、解釈される場合もあります。

個別の運勢として、
 願望、健康、仕事、恋愛、縁談、待人、商売、受験、旅行、争事等色々ある。
「大吉」が出たら、今が一番勢いがある時という意味で、「凶」が出たら「これから悪いことが起こります」の意味ではなく、「気持をひき締めましょう」の意味で、忠告のようなものです。

 中国にもおみくじがあり、香港や、日本横浜の中華街の関帝廟などでもみられます。
 おみくじは引いた後、境内の木に結ぶか(神様との縁を結ぶか)、家に持ち帰るか(神様のメッセージなので何度も読みかえすか)、どちらでも良いようです。

2016年2月

こちらもご覧ください

  • 正月

    正月

    正月は、各歴の年初めのこと。旧年が無事に終わった事と、新年を祝う行事。元旦に年神様(としがみさま)という新年の神様が、一年の幸福をもたらすために、各家庭に降臨するとされています…
  • 箸

    世界的に見て、手で食事をする民族は多い。箸を使って食事をする民族は、多いとはいえないが、中国で生まれたいわれる箸の歴史は古い。日本の箸の歴史は、『魏志倭人伝』(三世紀末書かれた中国の歴史書)や『古事記』(八世紀に書かれた日本最古の歴史書)の中に箸が登場する…
  • 恵比須講

    恵比須講

     江戸時代から受け継がれている、民間の年中行事のひとつです。  恵比須は、一般的には、狩衣姿で、烏帽子をかぶり、右手に釣り竿、左手に鯛を、持ったかっこうをしています。  日本人になじみの深い〝七福神”の中で、福の神として知られている恵比須だけは、日本の神様です…
  • お盆

    お盆

    祖先の霊を祀る日本独特の行事で、日本古来の祖霊信仰と仏教が融合した行事です。仏教行事の『盂蘭盆会』の省略形として「盆」「お盆」とよばれます…
  • 北枕

    北枕

     北側に枕を置いて、頭をのせ、足先を南に向けて横になることを、北枕という。北枕は、縁起が悪いとされているが、【由来】は、仏教の祖である釈迦が、入滅の際、北の方角へ頭を、置いて横になったその姿を“頭北面西右脇”(ずほくめんさいうきょう)というが、ここから来ている…

更新情報