~ 一盌からピースフルネスを ~

七五三

 三歳になった男女、五歳の男の子、七歳の女の子が、11月15日にお宮参りをし、子供の成長を祝う行事が七五三。この行事は、子供の健康と成長を願う風習で、子供は晴れ着に身を包み、千歳飴(ちとせあめ)を持って、家族に連れられ、氏神や神社にお宮参りに行き、記念撮影するのが一般的です。

 元和元年(1681年)11月15日に江戸幕府第5代将軍徳川綱吉の長男徳川徳松の健康を祈って始まったとされます。
 三歳になった男女が髪を伸ばし始める「髪置の式」(かみおきのしき)
 五歳になった男の子が袴をはく「袴着の式」(はかまぎのしき)
 七歳になった女の子がつけ帯を解いて大人の帯をしめる「帯解の式」(おびときのしき)があります。

 その時々のこうした通過儀礼の核の部分は、「子供が無事に育ち、長生きできるように」という想い、願いがあります。昔は小さな子供の死亡率が高かった為、七歳未満の子どもは人間でなく「神の子」と見なされていたようです。
 こうした私達の身近な儀礼の意義を知れば、数々ある日本のしきたりも、煩わしいものと思わないかもしれません。

 

 

2015年11月

こちらもご覧ください

  • 正月

    正月

    正月は、各歴の年初めのこと。旧年が無事に終わった事と、新年を祝う行事。元旦に年神様(としがみさま)という新年の神様が、一年の幸福をもたらすために、各家庭に降臨するとされています…
  • 箸

    世界的に見て、手で食事をする民族は多い。箸を使って食事をする民族は、多いとはいえないが、中国で生まれたいわれる箸の歴史は古い。日本の箸の歴史は、『魏志倭人伝』(三世紀末書かれた中国の歴史書)や『古事記』(八世紀に書かれた日本最古の歴史書)の中に箸が登場する…
  • 恵比須講

    恵比須講

     江戸時代から受け継がれている、民間の年中行事のひとつです。  恵比須は、一般的には、狩衣姿で、烏帽子をかぶり、右手に釣り竿、左手に鯛を、持ったかっこうをしています。  日本人になじみの深い〝七福神”の中で、福の神として知られている恵比須だけは、日本の神様です…
  • お盆

    お盆

    祖先の霊を祀る日本独特の行事で、日本古来の祖霊信仰と仏教が融合した行事です。仏教行事の『盂蘭盆会』の省略形として「盆」「お盆」とよばれます…
  • 北枕

    北枕

     北側に枕を置いて、頭をのせ、足先を南に向けて横になることを、北枕という。北枕は、縁起が悪いとされているが、【由来】は、仏教の祖である釈迦が、入滅の際、北の方角へ頭を、置いて横になったその姿を“頭北面西右脇”(ずほくめんさいうきょう)というが、ここから来ている…

更新情報