~ 一盌からピースフルネスを ~

雪塩 塩とは、無色正六面体の塩化ナトリウムを主成分とした物質の結晶です。

 世界的には、岩塩、天日製塩で産出されます。

 日本では古来独特の塩田法で海水を濃縮し、釜で煮つめて製塩を行っていましたが、1948年以降塩田を廃止し、イオン交換膜法製塩が行われていました。

 日本の塩の歴史は、縄文時代の終わりから、弥生時代にかけて始まったといわれ、それ以前の狩猟生活では、動物の内蔵や骨まで食べていたので塩をとる必要がなかったのが、農耕、定住生活を行うようになり、米、穀物、野菜を食べるようになり、必要な塩分をと取るようになりました。             

 日本における古い塩作りは、干した海藻を焼いて作った「藻塩焼き」と呼ばれます。
八世紀(奈良時代)には ”海藻”にかわり”砂”を使用し、17世紀中旬には「入浜式塩田」が播磨の赤穂で始まり、これが日本製法の中心となりました。

 明治時代に入り、1905年塩の専売制が施行され、この専売制は、1997年まで続き、その後自由化が行われました。

 塩は、三つに大別されます。

海塩(食塩、自然海塩、再生加工塩)
岩塩(溶解法岩塩、採掘法岩塩)
湖塩(湖の水が蒸発し、水の中の塩分濃度が高くなった湖水から作られたもの)

 日本の塩の自給率は15%ですが、輸入量は世界一です。

 塩は、人間及び動物の生命を保持する上で、なくてはならない貴重品で、古くから税や貢納品の対象や、公家、武家の俸禄としても支給されました。

 “塩梅”という言葉がありますが、調味料として“塩かげん”(味かげん)は大切です。 塩は又、清めや厄払いに使われ、身体の清めに使われます。

 

 百人一首の藤原定家のこのような和歌があります。

      来ぬ人を まつほの浦の 夕なぎに
         焼くや 藻塩(もしほ)の身もこがれつつ

 

【世界中の塩】

天空の鏡ウユニ塩湖
フランス西海岸ゲランドの塩
宮古島の雪塩や満月の日の海水で作られたもの 
メキシコのゲレロネグロ塩田 
サハラ砂漠マリ共和国の岩塩
チベットのジャダ村天空の塩村の紅塩(あかしお)
  

 

【たばこと塩の博物館】

 2015年リニューアル オープン
 東京都墨田区横川 1-16-3
 TEL 03-3622-8801

2016年6月

こちらもご覧ください

  • 正月

    正月

    正月は、各歴の年初めのこと。旧年が無事に終わった事と、新年を祝う行事。元旦に年神様(としがみさま)という新年の神様が、一年の幸福をもたらすために、各家庭に降臨するとされています…
  • 箸

    世界的に見て、手で食事をする民族は多い。箸を使って食事をする民族は、多いとはいえないが、中国で生まれたいわれる箸の歴史は古い。日本の箸の歴史は、『魏志倭人伝』(三世紀末書かれた中国の歴史書)や『古事記』(八世紀に書かれた日本最古の歴史書)の中に箸が登場する…
  • 恵比須講

    恵比須講

     江戸時代から受け継がれている、民間の年中行事のひとつです。  恵比須は、一般的には、狩衣姿で、烏帽子をかぶり、右手に釣り竿、左手に鯛を、持ったかっこうをしています。  日本人になじみの深い〝七福神”の中で、福の神として知られている恵比須だけは、日本の神様です…
  • お盆

    お盆

    祖先の霊を祀る日本独特の行事で、日本古来の祖霊信仰と仏教が融合した行事です。仏教行事の『盂蘭盆会』の省略形として「盆」「お盆」とよばれます…
  • 北枕

    北枕

     北側に枕を置いて、頭をのせ、足先を南に向けて横になることを、北枕という。北枕は、縁起が悪いとされているが、【由来】は、仏教の祖である釈迦が、入滅の際、北の方角へ頭を、置いて横になったその姿を“頭北面西右脇”(ずほくめんさいうきょう)というが、ここから来ている…

更新情報